お菓子作りとラッピング
c0138704_16473392.jpg今、なぜかはまっているのが、お菓子作りとラッピング。
私のお菓子作りの原点は、息子のアトピー。
アトピーで生まれてしまって、料理、おやつはすべて手作りで過ごしました。
そのまた原点は、肉、卵や牛乳、バターはもちろん、白い砂糖、小麦粉、さらに米まで排除した除去食です。
今でこそ、雑穀はブームになっていますが、その10数年前、子どもの食事をいやおうなく雑穀で作っていました。もちろん、おやつも雑穀粉で作っていました。(雑穀はとても高価でした)
それがあって、今やっとバターや卵を使える料理が自由でとても楽しい。
粉の料理は変化がとても面白いのです。
また、人にプレゼントすると喜ばれるので、ラッピングもちょっと気を使うとさらに楽しい。
写真は、ビスコッティをひとつずつグラシン紙に包んだものと、小さな卵入りクッキーは紙コップをおしゃれに…。このクッキーはくっついて焼きあがるとかわいいのです!c0138704_16475947.jpg
by nahonews | 2008-10-28 16:46 | 暮らし | Comments(0)
<< 雑貨屋さんの入り口 モーネ寺子屋でのワークショップ >>