楓(ふう)の木
c0138704_8432924.jpg楓の木を知っていますか?
秋の空に映えて、今、とても葉の色の変化が美しい。
実はクリスマスリースなどの飾りにもされる、あの丸い形状のものです。
昨日は風の冷たい日でしたがお天気は良く、中央公園を少し散歩し、まだ紅葉していない楓の木も発見しました。
図鑑によれば、最近見かけるのは同じフウ属のモミジバフウ(葉がモミジに似ることから)というものだそうです。
フウは葉が掌状に3裂、モミジバフウは掌状に5~7裂するそうです。

c0138704_8463446.jpgc0138704_8472716.jpg
by nahonews | 2008-11-21 08:43 | 自然 | Comments(2)
Commented by mokukiti at 2008-11-22 21:34 x
うちの近くの公園にもありました。
スズカケの木だとばかり思ってたのだけど、よく見れば、楓でした。
モミジバフウの方が早く色づいて、もう半分以上散ってしまってましたが、フウの方は、まだ緑が残ってます。
フウって漢字「楓」、カエデと読むと、違う木になってしまうの、なんか不思議ね。
Commented by musukari-31 at 2008-11-23 07:42
そう言えばカエデとも読むよね。木がお互いにこの字が欲しくて話し合い、読みだけ変えたのかな?…なんて考えました!スズカケの木というのはプラタナスのことだよね。プラタナスかと思っていたのはユリノキだったりします。混乱するね。
<< 秋の小旅行 紅葉と猫 >>