村松美賀子さんの寺子屋
c0138704_22285855.jpg10月10日に京都のモーネで、文筆家の村松美賀子さんの寺子屋に参加した。
「好きなもの」についての文章を書く、の第一回。
自分の好きなものについて第二回目の24日までに文章にしてくるという宿題が出た。

このブログでもわかるように文章は自己流で自信が無い。
文章についての村松さんのお話を聞いていると、また違ったところの頭を使っている。
新しい試みは異国の空気を吸うように新鮮で、あっというまに時間が過ぎた。
さあ何について…にしようかな。

写真の本は、この夏出版された村松さんの「京都でみつける骨董小もの」
by nahonews | 2009-10-12 22:29 | ワークショップ | Comments(0)
<< 44年前の絵日記 裏山のぶどう そしてうぐちゃん。 >>