私の本だなから 12月 ~「こもりうた」 
c0138704_15172322.jpg今月は、ビー・ピー・二コル詩 アニタ・ローベル絵  松井るり子訳の「こもりうた」(セーラー出版)という絵本。
むかしも今も子どもを寝かしつけるのに苦労していたのは変わらないんですね。
まず、絵本全体の色が深い美しい色ですぐに好きになりました。
そして、イラストは見開きから、舞台の幕が上がるように始まります。
一つ一つの画面を見ていると、作家(絵描き)のむふむふという笑いがこっちまで伝わってくるような、すみからすみまで見逃せない楽しいイラストです。

とうさんが わかい おうまの ときは ひぐれにゃ ヒヒンと ねたものだ

かあさんが かわいい こうしの ときは そりゃモー きちんと ねたものよ

… 訳者の松井るり子さんの楽しい楽しい日本語訳です。
寒い日に温かい美味しいココアを飲んでふ~っとするような そんな絵本です。 

c0138704_15185516.jpgc0138704_15192569.jpg
by nahonews | 2009-12-30 15:17 | 私の本だな | Comments(0)
<< 明けましておめでとうございます。 喜びの響き ~伊藤ライムさんの... >>