私の本だなから 5月 ~ 「おりこうなアニカ」 エルサ・ベスコフ
c0138704_1971138.jpg「ベスコフの絵はとってもきれいよ。」と、子どもが小さいころ、横浜の友人から教えてもらった。
ベスコフの絵本は絶版のもあり、図書館で借りてカラーコピーをしたりした。
水彩のタッチ、色、なにより子どもの動き…。
そんな見方で、母親の目で絵本を選んでいたなあ。
それでいいのかなあと思う。

子どもはおとなより自然に近いところにいる。
暮らしの中で、夢中になることによって、見えないものを見ることができる。
この絵本を読んで、そんな気がします。
c0138704_19843.jpg
by nahonews | 2010-05-31 19:07 | 私の本だな | Comments(0)
<< 暮らしのスケッチ 6月 モーネ工房 手の跡のたのしみ  >>