クレーにおもう
c0138704_1039599.jpg今週半ば、11日水曜日にクレーを観に行こうと決めていました。
梅雨を思わせるような雨でしたが、新緑がさらに美しい日でした。

パウル・クレーは学生のころからあこがれの作家。
今回はまるでクレーのアトリエに入ったかのような、
クレーの立場で(制作する側)観ることができたように思います。
試行錯誤…クレーの言葉が聞こえてきそうでした。

~芸術とは目に見えるものの再現ではなく 
 見えるようにすることである~

京都国立近代美術館にて

c0138704_10395583.jpg
by nahonews | 2011-05-13 10:38 | 美術館・ギャラリー | Comments(0)
<< 輝くとき ワークショップのお知らせです。 >>