インディゴ物語  ~藍が奏でる青い世界 ~神戸ファッション美術館
c0138704_17252451.jpgとてもとてもよかったので紹介します。
先週始め、岐阜から大学時代の友人が来ていて一緒に観に行きました。
…地球の地表面積の70%以上は紺碧に輝く海であり、地球全体は青い空に包まれています。
…藍は葉にインディゴチンという色素を含む植物の総称で…
などなど、古から、人類が憧れ、探し求め作り続けてきた藍のほか、自然界から様々な色を作り出してきた形跡、歴史などもうかがえます。
神戸ファッション美術館の収蔵品より、世界中の人々を魅了し続ける「青」の逸品も展示されています。
また、同美術館と大阪樟蔭女子大学との連携で、貴重な収蔵品の研究、企画として復元品制作等を試みています。その成果は堅苦しいものではなく、とても楽しいものでした。

2011年 7月14日(木)~9月27日(火)
10:00~18:00(入館は17:30まで)
水曜定休
神戸ファッション美術館
神戸市東灘区向洋町中2-9-1
TEL 078-858-0050
JR「住吉駅」・阪神「魚崎駅」乗り換え 六甲ライナー「アイランドセンター駅」下車南東すぐ

まだまだやっています。ぜひご覧ください。
by nahonews | 2011-08-07 17:25 | 美術館・ギャラリー | Comments(0)
<< 美味しい塩 8/6を忘れてはならない >>