私の本だなから 9月 ~小林秀雄 美と出会う旅~
c0138704_2192332.jpg10月になってしまいましたが、9月の本だなです。
9月に京都の恵文社一乗寺店で見つけた本。
(いいですね~、恵文社は本屋さんというより美術館のようで、一日中でも居てしまいそうです)

ここのところ、小林秀雄が気になっていました。
評論家の小林秀雄、というより、彼の芸術、美に対するこころを垣間見るようです。
解説や文章は少なく、写真が多く手に取りやすい。

本誌61ページの写真に見入ってしまいました。
鎌倉・山の上の家の居間にてとあります。
絵はセザンヌの「森」。
その深い色に惹きつけられるのは居間の空間のせいなのか…。

小林は1952年暮から1953年の夏にかけてヨーロッパを旅行し、旅先では必ず美術館を訪れます。
ミレーの「晩鐘」を次のようにあげていたのに感銘を受けました。
~これは風景画であり、風景画の勝利である。晩鐘は自然の語る言葉であって、余計な事を考えたり、感じたりする暇のない二人の人間が、自然を相手の日々の勤労によって、この言葉を感じている。解し難い言葉だが、それを聞くことは正しいと感じている。生きているのは先ず自然であり、人間は、自然から命を通わせてもらっている。~
c0138704_2195287.jpg

「小林秀雄 美と出会う旅」
白洲信哉[編]
新潮社
by nahonews | 2011-10-01 12:47 | 私の本だな | Comments(0)
<< 寄せ植えブーケ 故郷を通り過ぎて >>