芦屋市立図書館エントランスホールの春の展示
c0138704_23234982.jpg芦屋市立図書館エントランスホールのアートスペースの入れ替えを行いました。
冬から早春かけての厳かな「書」の展示からがらりと変わって
春らしいあたたかなぬくもりを感じる展示です。
作者は大阪在住のイラストレーター山口哲司さん
布に手描きされたツバメ、猫たち、こいのぼり、桜、筍…。
どこか懐かしさを感じる日本の情景ばかり6点を展示しています。
猫好きの山口さん、猫の作品のほかに風景の作品にも
どこかに小さな猫がいます!
(写真ではわかりにくいのですが…)
図書館にお越しの際はぜひ、ゆっくり立ち止まって楽しんでくださいね。
山口さんの展示期間は3/26(火)~6/24(月)。
5月に夏らしい作品に入れ替えます。
それからニュース!
山口哲司さんは2013年のイタリア・ボーロニャ絵本原画展に
入選されました。
今年秋の西宮の大谷記念美術館での巡回展で山口さんの作品が展示される予定です。
それもまた楽しみになりました。

c0138704_2324473.jpg
c0138704_23251398.jpg
c0138704_23253397.jpgc0138704_2328835.jpg
by nahonews | 2013-03-26 23:25 | 美術館・ギャラリー | Comments(0)
<< 暮らしのスケッチ 4月  ~2... コープ3月の一日講座が終了しました。 >>