芦屋市立図書館ホール・夏の展示
c0138704_23293872.jpg7月1日から芦屋市立図書館のエントランスホールのアートスペースでは
芦屋市在住の日展作家・五十嵐佳容(いがらしかよ)さんの作品を展示しています。
ジャンルとしては日本画になりますが、日本画の概念を覆すような、純粋に楽しめる、
そんな作品です。
2つの作品は連作シリーズでタイトルは「保護色Ⅱ」と「Le mythe(扉)」。
Le mytheはフランス語で神話という意味です。

動物好きなら近寄って観ると、手で触ってみたくなりそう!
(でも手を触れないでくださいね)

五十嵐さんの作品は7/1~9/30まで。
図書館にお越しの際は、ぜひゆっくりご覧くださいね。
by nahonews | 2013-07-09 22:42 | 美術館・ギャラリー | Comments(0)
<< 故郷の自然と暮らし 暮らしのスケッチ 7月 ~2013~ >>