10月の絵本紹介 「ゆうこのあさごはん」
c0138704_1456549.jpgあさごはんのゆでたまごとゆうこの冒険のお話。

ゆでたまごが「ぼくを食べないで」と言って、ゆうこに魔法をかけて、ゆうこは小指くらいに小さくなります。

そして、ふたりで(?)サルビアの茎をつえにして木に登り、空に飛んで行きます。

さあその後は…。

あの有名な「ぐりとぐら」の絵を描いたやまわきゆりこさんの絵本です。

じつはこの人の絵はとても好きで、今後もまた紹介していきたいと思っています。

今、赤いサルビアの花があちこちに咲いています。

見かけるたびに、この絵本を思い出します。

「だいちゃんとうみ」も「ゆうこのあさごはん」も息子のいとこから譲り受けたもの。子どもに読みきかせ、あとは自分で楽しんでいます。
 
ボロボロですが、いつまでも心温まる絵本です。c0138704_1552693.jpg
by nahonews | 2007-10-07 15:07 | 私の本だな | Comments(0)
<< ざくろがひとつ カマキリ発見! >>