かえるちゃんのこと
「いつか故郷の広島で、食堂を開きたいと思います。…」

…から始まる、かえるちゃんこと松本朱希子さんの初めての本が主婦と生活社から出版されました。

かえるちゃんは以前モーネ工房(井上由季子さん主宰)でお料理担当をされていて、今は東京

で「かえる食堂」(お店ではありません)として身体に心に優しい料理の提案をされています。

広島の実家から届く野菜や果物…を使った丁寧な料理…。

c0138704_1413837.jpg10月20日、21日と芦屋のスペースRで ~かえる食堂のしたく ‘07~として展覧会をされて

久しぶりにお会いしました。

以前初めて会ったとき、私も広島なの…と話していくうち、故郷が近く、なんと同じ高校を卒業していたことがわかり、びっくり!!

そんなかえるちゃんとの縁が不思議です。


手作りのカステラはふんわり温かい味で大好きです。

料理の他、ミシンで描くイラスト、また、豆皿もかわいらしく素敵です。

写真は、広島の植物、豆皿、ちょっとわかりにくけど、クロスにミシン刺繍…。

いつか、開く食堂に、是非行ってみたいと思っています。

応援しています。c0138704_143065.jpg
by nahonews | 2007-10-21 14:05 | nahonews | Comments(0)
<< ライブペインティングにチャレン... 榎 >>