「女性を美しく描く集い」
c0138704_1829718.jpg11月 25日(日) 午後1:30~4:30 

京都岡崎のみやこメッセで行われている、恒例の穂積和夫先生の女性を美しく描く集いに参加してきました。

今回のモデルは、私は初めて、チュチュを着たバレリーナでした。

鉛筆スケッチに水彩で着彩します。

先生曰く、‘腕‘はこういうもの、と、とかく観念で描いてしまうけど、そうではなくて、

しっかり対象を観る訓練だと思って描くこと…。

そうして描いていくうち、また観念ができてしまうけど、それをまた取っ払って観察すること。

その繰り返しだと…。

厳しそうなお話だけど、いつもユーモアたっぷりの楽しい会です。

ところが、今年中で毎月東京から来ていただくことができなくなり、とっても残念。

今回は、なかなか調子が出ず、2時間くらい経ってやっと手が動くようになり、先生がいなくてもやっぱり描き続けなきゃ~、とつくづく思いました。

写真、右側が穂積先生、モデルのポーズを決めていることろです。
by nahonews | 2007-11-28 18:27 | nahonews | Comments(0)
<< 偶然のクリスマスリース いろんなグリーン >>