「女性を美しく描く集いーDRAWING WORKSHOP IN KYOTO WITH HOZUMI KAZUO」は今月で終了
c0138704_22393748.jpg12月15日(土) 午後1時半~4時半
京都のインターナショナル アカデミーにて 今回は舞妓さんをモデルにスケッチ会が行われました。

今回を最後に穂積先生は毎回参加していただくことができなくなり、とても残念です。

毎月東京から来て頂いてほんとうに有難く、有意義な時間でした。

来年一月からもちろん、女性を描く集いは行われます。

着物を着た女性を描く人は少ない…。先生の言葉が残ります。

モデルをおいてのスケッチのチャンスは少なく、とくに舞妓さんや着物や浴衣を着たモデルを描く、しかも大勢で描く(目的が同じ)ことにとても意義がある…そうです。

対象を観ることと描くことはそれだけにとどまらない大きな意味があるように思います。

来年3月、恒例のグループ展があります。

またご案内いたします。


写真奥の着物を着た男性が穂積先生です。
by nahonews | 2007-12-22 22:37 | イベント | Comments(0)
<< モーネ工房の終い工房展に出品し... 12月の絵本紹介 「Child... >>