冬の木々 その2
c0138704_21142976.jpg近くの公園のお気に入りの榎の木がどんな姿になっているのか気になって、買い物帰り、そばを通りました。

冬の青空におもいきり枝を伸ばしている、静観な姿にうっとり…。

写真を撮っていると、「木が好きかね?」と行きずりのご老人が…。

「榎がすきなんです。」から始まり、すっかりご老人と散歩をしながらの樹木談義。

「これはシンジュと言ってね…、神の樹と書くんだよ。」

ざわざわとした枝ぶりのほう(下の写真)が、神樹です。


家に帰り、さっそく調べると、和名はニワウルシ、別名のシンジュは
属名のラテン語の意味で、天にも届く樹から転じて、神樹=シンジュとされたとの説があるそうです。

もっと、立派な神樹があっちのほうにあるよ、とのご老人のお話。

神樹の、もっといい写真が撮れたらご紹介しますね。c0138704_21154865.jpg
by nahonews | 2007-12-28 21:14 | nahonews | Comments(0)
<< 久しぶりの雪 外国の絵本から学ぶデザイン >>