基本に戻る日
c0138704_17105128.jpg13年前の今日、1月17日にこのマンション16階で震災に遭いました。

穏やかだった芦屋の街が一変した!私は終戦直後を知りませんが「戦後のようだ。」と思ったことを忘れません。

水を求め、食糧を求め、生活するために必死になり、家族が、地域が結集した体験は、

今、なんでもあるのがあたりまえの暮らしをもう一度振り返るためのものだと考えさせられます。

そして、今日も何事も無かったように穏やかな朝を迎えた芦屋の街を見ながら、

生きるための基本に戻る日…、 そう感じました。
by nahonews | 2008-01-17 17:11 | nahonews | Comments(0)
<< 冬のおやつ ひなたぼっこ >>