3月の絵本紹介  「 作家 」  M.B.ゴフスタイン
c0138704_2103534.jpg絵本の観念ががらりと変わったきっかけの絵本。
ゴフスタインの絵本の中でも、一番衝撃の本でもあります。

作家の日々の暮らしが描かれているだけなのですが、
ページをめくるたび、どこかなつかしく、こころに心地よい風が吹くような、そんな本。
日常は哲学そのものなんだなあと感じる一冊。
イラストもほっとするような、みずみずしいタッチです。
ああ、こんな絵本が創れたらなあ~、と思う。
私の本棚の絵本№1かもしれません。
これは英語版ですが、日本語版もあります。



c0138704_7505644.jpgc0138704_7512869.jpg
by nahonews | 2008-03-18 21:00 | 私の本だな | Comments(2)
Commented by mokukiti at 2008-03-19 21:07
ゴブスタインの本、私も持ってます。「ブルッキーのひつじ」谷川俊太郎さん訳 イラストは線画だけですが、やさしくて、あったかくて、ホッとしてにんまりです。いつかこんな絵本を創りたいなぁと思います。
ちなみに、私の絵本№1は、バージニア・リー・バートンの「ちいさいおうち」です。
Commented by musukari-31 at 2008-03-20 07:53
「ブルッキーのひつじ」は、以前友人がプレゼントしてくれて印象深い絵本です。線画だけのシンプルさがいいよね。「ちいさいおうち」もいいよねえ。
<< 土鍋でごはんを炊くワークショップ 卒業式 >>