エミリー・ウングワレー展 ~国立国際美術館~
c0138704_7462666.jpg数ヶ月前、他の美術館で、このポスターを見つけてから、どうしても観たくて、やっと先週末行って来ました。
私はこの人を知りませんでした。


…すべてのもの、そう、すべてのもの、私のドリーミング、ペンシル・ヤム(細長のヤムイモ)、トゲトカゲ、草の種、ディンゴ(オーストラリアの在来犬)、エミュー、エミューの好きな小さな植物、緑豆、ヤムイモの種、これが、私が描くもの、すべてのもの。…


アボリジニが生んだ天才画家、エミリー・カーメ・ウングワレー(1910頃~1996)はオーストラリアを代表する画家です。
その、自由な表現、力強さ。
また、その険しい自然の中から、どうしてこうもモダンな作品が生まれるのでしょう。
観ている間中、わくわくし通しでした。

c0138704_748037.jpgc0138704_749320.jpg※国立国際美術館は、大阪北区中之島にあります、大阪市立科学館に隣接しています。
by nahonews | 2008-04-13 07:46 | 美術館・ギャラリー | Comments(0)
<< 春の二つめの楽しみ 春のある日。 >>