積みスケッチブック。
c0138704_9444466.jpg描くことってなに?と書き記した日記からとまってしまった「毎日のしずく」。
更新不能(すぐ直りますので)になってちょっと淋しい思いをしていたので
これまでのスケッチブックを積んでみた。
積み木ならぬ積みスケッチブック。
2001年から描き続けているが、描いていない時期もある。
たぶん文章は下手なので描いてきた、それだけかとおもったりもする。
これからいつまで描けるかわからないけど描き続けると思う。
天井にとどくまで。
いまは電車の中での人物スケッチにチャンレンジしている。
描けない時は人物をじ~っと観察するようにしている。
ちょっと気をつけなければ、変に思われるかも。
by nahonews | 2008-07-01 09:44 | 暮らし | Comments(2)
Commented by ペンキくん at 2008-07-01 12:00 x
こんにちは。奈穂子さん。
描くことってなに?
僕に置き換えると、仕事(塗装)するってなに?ですね。

仕事することとは、子供のため。
自分の子供ということだけではなく、まわりの子供のため。
大人が元気に働く姿を見せないと、子供が未来に希望が持てない。
大人が元気にしていると、子供も元気になる。
子供が元気になると、日本が元気になる。
ん?なんかオーバー・・・
僕は子供たちに元気を与えるため、つらいのは隠して元気に楽しく仕事する大人でいたい。
お互いまだまだこれから、おじさんおばさんがんばりましょう♪

Commented by nahonews at 2008-07-02 09:07
描くことって、私にとっては、木にたとえれば幹ですね。でもその根っこのある土が元気でなくちゃ。それを大人は子どもに伝えていく…見えないところが大事なんだって。…どこかで聞いたことある??
<< 「小さな土と小さな紙」展 工房もくきちの二人展から。 >>