8月の絵本紹介 ~とうちゃんのトンネル  原田泰治~
c0138704_10263769.jpg9年前の初夏、横浜に住んでいたころ、長野に旅行して立ち寄った、諏訪の原田泰治美術館で買ったこの絵本を思い出しました。
夏は戦争を思い出す季節でもあります。
作者のあとがきより…
この「とうちゃんのトンネル」は僕がおさないころ、体験したそのままのお話です。
僕の一家が伊賀良村(現在飯田市)へひっこし、村の人達が考えもつかない高台へ田んぼをつくり、子どもたちに真っ白いごはんを食べさせようと、大自然に挑戦した父の姿をいつか絵本にしたいと思っていたのです。…

家族を思うきもちは今も昔もかわらないはずです。
ほんとうに強い人とはどんな人なのでしょうか。
それを考えさせられる一冊です。
裏見返しには  1999,6,13 ひかるへ と記していました。
c0138704_10283835.jpg
by nahonews | 2008-08-18 10:26 | 私の本だな | Comments(0)
<< IKEAカラー 海岸の石 ~枕木ならぬ枕石?~ >>