カテゴリ:nahonews( 68 )
基本に戻る日
c0138704_17105128.jpg13年前の今日、1月17日にこのマンション16階で震災に遭いました。

穏やかだった芦屋の街が一変した!私は終戦直後を知りませんが「戦後のようだ。」と思ったことを忘れません。

水を求め、食糧を求め、生活するために必死になり、家族が、地域が結集した体験は、

今、なんでもあるのがあたりまえの暮らしをもう一度振り返るためのものだと考えさせられます。

そして、今日も何事も無かったように穏やかな朝を迎えた芦屋の街を見ながら、

生きるための基本に戻る日…、 そう感じました。
by nahonews | 2008-01-17 17:11 | nahonews | Comments(0)
ひなたぼっこ
c0138704_19133568.jpg昼間は暖かい。

あ、猫がひなたぼっこしてる!

集会所の屋根の上。

猫好きゆえ、ついシャッターを切ったけれど、

こののら猫たち、マンションの一階の人のベランダに入ったりして危害も多いのです。

うーん、生きてゆくためにあれこれ工夫?するのでしょうが、

いい共存の方法はないものかな。
by nahonews | 2008-01-16 19:13 | nahonews | Comments(0)
もう、すっかり春。
c0138704_2042911.jpgいつのまにか、中央公園の梅がしっかり咲いていました。

春だなあ~っと、実感。

この時期、日中は陽が射すと暖かいけど、夜は冷たい。

寒暖の差も、咲く花の勢いに影響するのかな?
by nahonews | 2008-01-15 20:42 | nahonews | Comments(0)
大阪天満宮
c0138704_17422271.jpg元旦は雪の積もる田舎で過ごしたので、今日(1/13)にやっと初詣、そして、

息子の合格祈願に、初めて、大阪天満宮に行ってきました。

合格祈願のほか、いろいろな祈願のため、たくさんの人でした。

とっても寒い日、帰り道に黒猫が2匹、からだを重ねて温まっていました。

受験生みんな、この黒猫たちのように厳しい寒さを乗り切り、助け合って目標達成して欲しい!!

そんなふうに思いました。c0138704_1743189.jpg
by nahonews | 2008-01-13 17:42 | nahonews | Comments(0)
春はそこまで
c0138704_21452882.jpgここのところ、1月なのに暖かい日が続いています。

近くの中央公園は、お買い物ロードでもあるのでよく通ります。

もう梅が小さな小さなつぼみをつけていました。

もう春はそこまで。

子どもの入試をひかえ、嬉しいような、どきどきの春です。
by nahonews | 2008-01-09 21:45 | nahonews | Comments(0)
フレッシュなブーケ
c0138704_21172648.jpg「庭に咲いてた花を摘んだんです…。」 と、新年に素敵なブーケを頂きました。

パンジー、ビオラ、紫の三つ葉のクローバー、小さなニチニチソウ、そして!

ワイルドストロベリー…その葉っぱはなんと紅葉しています!

いったい、どんな庭なんでしょう??

さっそくスケッチのモチーフが決まりました。
by nahonews | 2008-01-06 21:17 | nahonews | Comments(0)
ふっくら!!
c0138704_210164.jpg毎年、ご近所の方から無農薬の丹波の黒豆を安く分けていただきます。

おせちは全部手作り!?といいたいけど、残念!

だけど必ず黒豆だけは炊きます。

木のスプーンは、去年のライブペインティングを横で手伝ってくれたココちゃんこと、うえやまともこさんの作品。

彼女は和歌山のアトリエでこつこつと木工を中心に、ほのぼのと温かい作品を創り続けています。
by nahonews | 2008-01-05 21:00 | nahonews | Comments(0)
久しぶりの雪
c0138704_170926.jpg年末年始は毎年、兵庫県の日本海側にある新温泉町(この間までは浜坂町と言いました)に帰省します。

何年かぶりの雪が降りました。

40センチくらい!!

ぼたん雪が積もったあと、あられのような丸いかわいい雪がぱらぱらと
降りました。

雪かきの手伝いそっちのけで写真を撮りました。

真っ白い雪と緑の大きなヤツデの葉とクロガネモチの赤い実のコントラストが美しい。

また、赤い南天の小さな枝が雪に埋もれているところ。

日本海側は本当に年間を通して曇り空が多く、雪景色がもっとも似合う気がします。

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいいたします。

c0138704_171282.jpgc0138704_1762672.jpg
by nahonews | 2008-01-04 17:00 | nahonews | Comments(0)
冬の木々 その2
c0138704_21142976.jpg近くの公園のお気に入りの榎の木がどんな姿になっているのか気になって、買い物帰り、そばを通りました。

冬の青空におもいきり枝を伸ばしている、静観な姿にうっとり…。

写真を撮っていると、「木が好きかね?」と行きずりのご老人が…。

「榎がすきなんです。」から始まり、すっかりご老人と散歩をしながらの樹木談義。

「これはシンジュと言ってね…、神の樹と書くんだよ。」

ざわざわとした枝ぶりのほう(下の写真)が、神樹です。


家に帰り、さっそく調べると、和名はニワウルシ、別名のシンジュは
属名のラテン語の意味で、天にも届く樹から転じて、神樹=シンジュとされたとの説があるそうです。

もっと、立派な神樹があっちのほうにあるよ、とのご老人のお話。

神樹の、もっといい写真が撮れたらご紹介しますね。c0138704_21154865.jpg
by nahonews | 2007-12-28 21:14 | nahonews | Comments(0)
冬の木々
c0138704_21402183.jpg紅葉も美しいけれど、冬になって葉が落ち、木の骨格だけの姿にまたいちだんと惹かれます。

あんなふうな形だったんだなあと…。

寒い季節に寒そうな姿になぜ? 

きっと身体を強くしているのかな?

まるで、木の寒風摩擦のようです。そういえば、受験シーズンも寒い。受験生たち、木のように心と身体の芯をしっかり強くしてほしいです。(息子の受験を控えていて…すぐそんな連想をしてしまいます。)


メタセコイア、プラタナスなど、素晴らしい姿をしています。

写真を撮ったのは冬至明け、この日から陽が長くなるんですね。

c0138704_2142462.jpgc0138704_21434827.jpg
by nahonews | 2007-12-25 21:38 | nahonews | Comments(0)