カテゴリ:nahonews( 68 )
レストランのための絵 ~トラットリア・サルーテ~
c0138704_21235630.jpg数年前に、イタリアンレストランのオーナーから料理の絵を描いて欲しいとの依頼がありました。
 
以来、ずーっと飾っていただいていますが、なかなか行くことがなく、やっとこの間久しぶりに行ってきました。

白と白木を基調とした、陽の射す明るい店舗は義兄の設計です。

あの、コルクトナカイのコルクもここでたくさんいただいたそうです。

もちろん、ランチもディナーもとても美味しく、とくにランチには前菜をつけてもリーズナブル!

ぜひ、足を運んでみてくださいね。c0138704_954011.jpg


トラットリア・サルーテ

吹田市山田西4丁目2-18号 サンノーブル山本105

AM11:30~PM2:30
PM 6:00~PM11:00
オーダーストップ PM10:00

定休日:火曜日

TEL 06-6878-3078


c0138704_21251221.jpgc0138704_945261.jpg
by nahonews | 2007-12-20 21:23 | nahonews | Comments(0)
コルクトナカイ
c0138704_19545242.jpgワインのコルクとワイヤーで創られたトナカイ。

クリスマスシーズンを楽しくしてくれます。

このコルクシリーズ、制作は義兄、プロデュースは姉。

赤いビーズの鼻が、陽を浴びると光ります!!

ほかに、コルク犬、コルクワニ、コルクねこ…などがあるんですよ。

どんどんコルクアニマルの仲間を広げていってほしいです。
by nahonews | 2007-12-19 19:53 | nahonews | Comments(0)
母のテディベア
c0138704_11153865.jpg広島から送ってくる荷物の中に、テディベア!!

隙間があったからと…母からのメール。

3年ほど前、滋賀で行われた、テディベア作家の井上久喜子さんの展覧会で影響を受け、作り出したのがきっかけです。

愛くるしい顔と、手編みのセーターが特徴でしょうか。

歳を重ねても、好奇心旺盛な母にはいつも感心します。

リビングに、3匹が今日もすましています。
by nahonews | 2007-12-15 11:15 | nahonews | Comments(0)
芦屋の風景
c0138704_23151818.jpg阪急芦屋川駅のホームから、山を望む風景がとても好きです。

緑に囲まれて、フランク・ロイド・ライト設計のヨドコウ迎賓館(旧山邑邸)が見えます。

そういえば、そこに何年か前、二度ほど、見学に行ったきり、しばらく行っていません。


冬の晴れた日の空は、少しグレーのオーガンジーをまとったようで、冷たいけれどどこか懐かしい空気を感じ、ライトの建物がいっそう引き立ちます。
by nahonews | 2007-12-14 23:15 | nahonews | Comments(0)
三沢厚彦 アニマルズプラス ~伊丹市立美術館~
c0138704_1615731.jpg先週初めに、「美術館行かない?」と神戸の友人から早朝メールが来ました。
さっそく、誘われるまま、伊丹市立美術館へ。

伊丹市立美術館も初めてなら、
三沢厚彦氏を私は知りませんでした。

今、もっとも注目されている彫刻家のひとりだそうです。

大きな木彫りの動物…。といえばそれまでですが、観ているうちに、制作過程でどんなことを考えるのかなあとどんどん興味がわいてきました。

彼の子どもたちへのメッセージにとても共感したので、ここで紹介します。


…子どものころおもっていたこと、感じていたことは、いまもそれほどかわっていないようにおもいます。   
 すぐにこたえをだしたり行動にうつしたりしないとだめなときもありますが、そんなにすぐにこたえがでることばかりじゃないとおもいます。 すきなことをつづけていくことで、なにかがすこしずつわかってくることだってあるとおもいます。

 動物は いろいろな形や色をもっていて、大きさもさまざまで、おもしろいなっておもいます。
ぼくが木を彫って動物をつくっているのは、図鑑や動物園でしってあたりまえに存在している動物たちから、いろいろなことを教えられたり、きづかされたりするからです。

 たとえばチーターは、時速100キロのスピードで走ります。 ゴムマリのようなしなやかな筋肉をもっていて、足のつめはスパイクのようにするどく、長いしっぽは方向をかえるために絶妙なバランスをとることができます。 その形や色はうつくしく、かんがえればかんがえるほどすばらしくて、夜も眠れなくなる。 「いったい、だれがなんのために作ったのだろう?…」

 いつもあまりかんがえないことを、ふかくかんがえることでわかってくることもあるけれど、同時になぞもふかまります。 でもそれがまたおもしろい。
 ぼくにとって「彫刻」をつくるということは、そんなことを自分で確認したり感じたりしながら、形にしていくことなのかもしれません。

 みんなも、いつもみているものやしっているものを、すこし角度を変えたり、もっとふかくかんがえたりしてみると、あらたな発見や感動があるかもしれません。

 すばらしいものって、意外とすぐそばにあるのかもしれませんね…。 三沢厚彦 (みさわあつひこ)c0138704_16153937.jpgc0138704_16161757.jpg
by nahonews | 2007-12-12 16:13 | nahonews | Comments(0)
淡路島から届いたレモン
c0138704_1335969.jpg姉の友人で、淡路島で無農薬の野菜を育ててている林さんから、箱いっぱいのレモンが届きました。

開けたとたん、わ~っと歓声!!

もう、ぼこぼこの表面は無農薬の証し!

自然の中で育つってたくましくなるんだなあって、実感します。

ときどき送っていただく林さんの野菜は、どれもこれもしゃっきしゃきっとしていて、生でいただくといっそう味わいがあるんです。

あの、淡路の畑を思い浮かべながら、皮ごといただきます!!
by nahonews | 2007-12-03 13:35 | nahonews | Comments(2)
偶然のクリスマスリース
c0138704_14533747.jpgいただきものの、緑の枝、赤い実、そして綿花、赤い実はさんきらい(正式にはさるとりいばらと言うかな?)。

そしてヘンリーアイビーという手のひらのような形のめずらしいアイビー…!紅葉して素敵です。
真ん中の丸い形の葉が普通のアイビーだから、アイビーのなかでは女王さまのようです。


リースを毎年こまめに飾るのがじつはぐうたらな私ですが、なにげにデイスプレィしたら、

これで、もうクリスマス気分になりました。
by nahonews | 2007-11-29 14:53 | nahonews | Comments(0)
「女性を美しく描く集い」
c0138704_1829718.jpg11月 25日(日) 午後1:30~4:30 

京都岡崎のみやこメッセで行われている、恒例の穂積和夫先生の女性を美しく描く集いに参加してきました。

今回のモデルは、私は初めて、チュチュを着たバレリーナでした。

鉛筆スケッチに水彩で着彩します。

先生曰く、‘腕‘はこういうもの、と、とかく観念で描いてしまうけど、そうではなくて、

しっかり対象を観る訓練だと思って描くこと…。

そうして描いていくうち、また観念ができてしまうけど、それをまた取っ払って観察すること。

その繰り返しだと…。

厳しそうなお話だけど、いつもユーモアたっぷりの楽しい会です。

ところが、今年中で毎月東京から来ていただくことができなくなり、とっても残念。

今回は、なかなか調子が出ず、2時間くらい経ってやっと手が動くようになり、先生がいなくてもやっぱり描き続けなきゃ~、とつくづく思いました。

写真、右側が穂積先生、モデルのポーズを決めていることろです。
by nahonews | 2007-11-28 18:27 | nahonews | Comments(0)
いろんなグリーン
c0138704_1874865.jpgふと、リビングの片隅をみると、さまざまなグリーンでまとまっていました。

アイビー、木製のツリー、写真のグリーン、手前はグリーンばかりのポインセチア。

そして、奥には数年前に購入した寺田眞理子さんの作品…。

手前のちいさなちいさな鉢は、モーネ工房のものです。

その鉢に、小さな多肉植物を入れるといつまでも楽しめます。
by nahonews | 2007-11-27 18:06 | nahonews | Comments(0)
寺田眞理子さんの個展
c0138704_7142694.jpg先週半ば、大阪福島にあるラッズギャラリーで行われていた芦屋在住のアーティスト、寺田眞理子さんの個展に行って来ました。

寺田さんの作品もお人柄も、出会ったときからのファンです。

まるで、ロンドンの一角に迷いこんだようなラッズギャラリー。

天井の高いギャラリー内に、寺田さんの作品がぴったりマッチしていました。

いつも優しく声をかけてくださる寺田さん。

その洗練された作品を拝見するたび、刺激を受けます。


LADS GALLERY
ラッズギャラリー : 大阪市福島区福島3-1-9 メリヤス館1F
             TEL/FAX06-6453-5706

c0138704_7173564.jpg
c0138704_1401979.jpg

by nahonews | 2007-11-25 07:14 | nahonews | Comments(0)