<   2007年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧
偶然のクリスマスリース
c0138704_14533747.jpgいただきものの、緑の枝、赤い実、そして綿花、赤い実はさんきらい(正式にはさるとりいばらと言うかな?)。

そしてヘンリーアイビーという手のひらのような形のめずらしいアイビー…!紅葉して素敵です。
真ん中の丸い形の葉が普通のアイビーだから、アイビーのなかでは女王さまのようです。


リースを毎年こまめに飾るのがじつはぐうたらな私ですが、なにげにデイスプレィしたら、

これで、もうクリスマス気分になりました。
by nahonews | 2007-11-29 14:53 | nahonews | Comments(0)
「女性を美しく描く集い」
c0138704_1829718.jpg11月 25日(日) 午後1:30~4:30 

京都岡崎のみやこメッセで行われている、恒例の穂積和夫先生の女性を美しく描く集いに参加してきました。

今回のモデルは、私は初めて、チュチュを着たバレリーナでした。

鉛筆スケッチに水彩で着彩します。

先生曰く、‘腕‘はこういうもの、と、とかく観念で描いてしまうけど、そうではなくて、

しっかり対象を観る訓練だと思って描くこと…。

そうして描いていくうち、また観念ができてしまうけど、それをまた取っ払って観察すること。

その繰り返しだと…。

厳しそうなお話だけど、いつもユーモアたっぷりの楽しい会です。

ところが、今年中で毎月東京から来ていただくことができなくなり、とっても残念。

今回は、なかなか調子が出ず、2時間くらい経ってやっと手が動くようになり、先生がいなくてもやっぱり描き続けなきゃ~、とつくづく思いました。

写真、右側が穂積先生、モデルのポーズを決めていることろです。
by nahonews | 2007-11-28 18:27 | nahonews | Comments(0)
いろんなグリーン
c0138704_1874865.jpgふと、リビングの片隅をみると、さまざまなグリーンでまとまっていました。

アイビー、木製のツリー、写真のグリーン、手前はグリーンばかりのポインセチア。

そして、奥には数年前に購入した寺田眞理子さんの作品…。

手前のちいさなちいさな鉢は、モーネ工房のものです。

その鉢に、小さな多肉植物を入れるといつまでも楽しめます。
by nahonews | 2007-11-27 18:06 | nahonews | Comments(0)
寺田眞理子さんの個展
c0138704_7142694.jpg先週半ば、大阪福島にあるラッズギャラリーで行われていた芦屋在住のアーティスト、寺田眞理子さんの個展に行って来ました。

寺田さんの作品もお人柄も、出会ったときからのファンです。

まるで、ロンドンの一角に迷いこんだようなラッズギャラリー。

天井の高いギャラリー内に、寺田さんの作品がぴったりマッチしていました。

いつも優しく声をかけてくださる寺田さん。

その洗練された作品を拝見するたび、刺激を受けます。


LADS GALLERY
ラッズギャラリー : 大阪市福島区福島3-1-9 メリヤス館1F
             TEL/FAX06-6453-5706

c0138704_7173564.jpg
c0138704_1401979.jpg

by nahonews | 2007-11-25 07:14 | nahonews | Comments(0)
アーモンドビスコッティ
c0138704_6403495.jpgお待たせしました。

ビスコッティのレシピ、凝って描こうと思ったのですが、結局シンプルに鉛筆描きにしました。

ポイントは、焼く温度と時間です。

うちのはガスオーブンなので、早く焼けますが、電気オーブンの場合はもう少し時間を長くするなどして、工夫してくださいね。

また、生地を切って二回目焼いたらそのままオーブンのドアを開けておきます。
そうするとかりかりっと出来上がります。

コーヒーや紅茶につけたりして召し上がれ。
もちろんそのままぼりぼりと!

イタリアではワインにつけて食べると聞いたことがあります。

c0138704_6415073.jpg
by nahonews | 2007-11-23 21:14 | nahonews | Comments(4)
くちなしの花のイラスト
c0138704_189510.jpg「くちなしの花を描いて欲しいんです…。」

フラワーショップ、クローブ・コノリーのオーナーから依頼を受けてから、やっとこの間、届けることが出来ました。

額がとってもクラシカルだったので、額にあわせて描いてみました。

くちなしは初夏の花…ですから本物がなくて、図鑑やインターネットで調べて、特徴をつかみ、
イメージをふくらませます。

白い花びらが光を浴びた色は?また花びらの感触はどんなのかな?

ほんのり香る…、などと想像していたらくちなしの花がどんどん好きになるから不思議です。

くちなしの咲く初夏がまちどおしくなりました。

とっても気に入っていただき、飾ってあるくちなしの絵にまた会いに行くのが楽しみです。

額のサイズはB5くらいです。c0138704_18101251.jpg
by nahonews | 2007-11-21 18:09 | nahonews | Comments(0)
11月の絵本紹介 「勇気 COURAGE 」 
紹介の絵本、迷いましたが、”勇気”…普段暮らしの中で最近口にしない言葉だなあと感じ、気になり始めてこれをピックアップしました。

c0138704_1424259.jpgバーナード・ウェーバー 作 (文と絵)
日野原重明 訳

…”すばらしいけしきのなかをドライブするときも、まんなかのせきでがまんするのもゆうき。”


日野原重明先生のあとがきには、

…危険性のあることに挑む積極的な勇気のほかに、消極的な、または受身の中にも、静かな勇気が流れているのです…。

生きていくための勇気ある選択は成長する子どものほか、変化していくおとなも必要で、お互いの変化を理解しあうことはとてもすばらしい、とあります。


絵本は子どものみならず、かつて子どもだった私たちにも、いつでも自分たちが、自然そのものなんだ、ということを思い出させてくれると思います。

c0138704_1425476.jpgc0138704_1425472.jpg
by nahonews | 2007-11-20 14:24 | 私の本だな | Comments(0)
落ち葉を拾って…
c0138704_7193920.jpgこの時期、鮮やかな落ち葉を見つけると拾わずにおれません。

みごとな自然の産物に毎年わくわくします。

拾った後も、葉が変化していくのがまた面白い。

ナンキンハゼ、サクラ、ケヤキ、トウカエデ、樟の木の葉、クヌギの実、茶色のボンボンは、フウという木の実です。

ほかに知らない葉っぱもたくさん…。
by nahonews | 2007-11-18 07:19 | nahonews | Comments(0)
モーネ寺子屋でのワークショップ
c0138704_1665893.jpg11月14日 (水)
 
午後1時半~4時半

京都のモーネ寺子屋にて、水彩ステンシルでクリスマスカードの制作をしました。

少人数でしたが、ていねいに、お互い楽しみながら制作ができました。

ステンシルと手描きで手作りしたのもをプリントアウトしてそれをカードにしあげ、4点できます。
また、プリントアウトしている間にも1点もののポップアップカードを作りました。 

プリントアウトで制作したものはプレゼントに、
1点ものはお部屋に飾ってくださいね。

写真は参加されたみなさんの作品です。              

また、お茶受けに作ったビスコッティが好評で、レシピを聞かれました。
このつぎ、ここでレシピを紹介しますね。
by nahonews | 2007-11-15 16:07 | ワークショップ | Comments(2)
木々の美しさ
c0138704_1443018.jpgヒノキに絡まる蔦…、また、陽の光を浴びた銀杏…。

思わずシャッターを押したこの場所は、息子のオープンハイスクールのため訪れた神戸市の高校の敷地内です。予定より早く着き過ぎて30分ばかり木々を眺めて…。

ヒノキ、と思ったのはいわゆる建築材になる檜とはすこし違っていて最近利用が急増しているレイランドヒノキという仲間らしい。

例年なら蔦はもう赤く染まっている頃だと思いますが、またこれも美しい。





c0138704_14432159.jpg
by nahonews | 2007-11-13 14:40 | nahonews | Comments(0)