<   2009年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧
私の本だなから 9月 ~「ホノルルの街かどから」 加藤秀俊
c0138704_11423479.jpg9月半ばに、神戸元町にあるユニークな古本屋さん、トンカ書店で見つけた。
あ、私のためにここある!と変な理由をつけて手に入れた。
35年ほど前の本だが、ハワイに1年間移り住んだ、当時ハワイ大学教授だった加藤秀俊氏の家族の記録。

一週間ほどの観光旅行ではとうていわかるはずのないさまざまなハワイの習慣や人間の姿が書かれている。
また、本の締めくくりには、太平洋を共通の舞台として生きようとしている人間の課題があげられていて、考えさせられる。
…このひろい太平洋の表面の90%が、誰にも所属していない、海の大部分は公海であり、いかなる国家の権力もおよばない。そのことは、われわれにとって、将来の希望にも不安にもつながってゆく…

歴史を学ぶということは、現実を知るということに繋がり、また問題を浮き上がらせ、生きる課題を作ると思う。
ハワイに惹かれるのはなぜか…。自分を知りたければ、まず、惹かれるものを知り、その歴史を学んでいくことだと感じた。
この本の装丁は、粟津潔氏。
表紙、見返し、扉の文様はハワイ諸島の岩に刻まれた絵文字を復刻したもの。c0138704_11425143.jpgc0138704_11433729.jpg
by nahonews | 2009-09-30 11:42 | 私の本だな | Comments(0)
夏の終わりのハワイ 12 ~ハワイが懐かしいなんて~
c0138704_1858979.jpg10年前に泊まったホテルを見つけた。
当時はそのホテルがホノルルのどの辺に位置していたかもわからずじまい。
ホノルル動物園からへとへとになって歩いて帰ったのを覚えている。
確かに!そのホテルはアラモアナショッピングセンターに近い。
ヨットハーバーがよく見えた。
懐かしい~!! 涙が出そうなほどでした。
ブルーが美しいコンドミニアム形式のイリカイホテル。
そしてこれは10年前の、ホテルのテラスからのスケッチ。

c0138704_18582991.jpg
by nahonews | 2009-09-29 18:58 | nahonews | Comments(0)
夏の終わりのハワイ 11 ~道連れの本~
c0138704_8314383.jpg今回のハワイ旅行のきっかけにもなった2冊の本。
「アロハブック」と「ハワイブック」。
この本を旅行前、旅行中、また旅行の後、今でも楽しんでいます。
著者はハワイをこよなく愛するエディターの赤澤かおりさんと、ハワイと日本を行き来するのが今年で23年目というコーディネーターの内野亮さん。
ビショップ・ミュージアムから、おいしいお店(ダイヤモンドヘッド・マーケット・グリルもそうです)まで、単なるガイドブックでなく、本当にハワイが好きになってしまう仕掛けの本!!
写真は、ハワイとさよならする旅行最後の日、素敵なホテル、ハイアット・リージェンシーのロビーで撮りました。
by nahonews | 2009-09-29 08:31 | nahonews | Comments(0)
夏の終わりのハワイ 10 ~一番美味しかったのは…~
c0138704_233278.jpgダイヤモンドヘッドの近くに、その名も「ダイヤモンドヘッド・マーケット・グリル」というドライブインがある。
ホテルから歩いて、ワイキキ水族館に行った後、ダイヤモンドヘッドの横たわるそばのカピオラニ公園を横切り(かなりハードなスケジュールでへとへと!)地図を片手にやっとたどり着いたお店。
飾り気のない見た目は普通のドライブイン。
地元の人が利用してるらしく、ここでは日本語は通じない。
でも!美味しかった!!ワイキキより美味しくて安いのです。
ここで食べたバーガー(現地ではサンドイッチと言っていました)があとにもさきにも旅行中一番美味しかったのです…。
私が頼んだのは、グリルドサーモン。
ケースにボールペンで書いてある。
家族はチャーシューとグリルドビーフ。
このチャーシューが分厚くてパンと同じくらいの量!!でした。c0138704_2334625.jpg
by nahonews | 2009-09-28 23:03 | nahonews | Comments(0)
夏の終わりのハワイ 9 ~ピーナッツの雲~
c0138704_23171045.jpgあっ、ピーナッツ型の雲!
ハワイはピーナッツも有名なんですね。
さすが空までピーナッツ!
 
c0138704_23173465.jpg
by nahonews | 2009-09-27 23:17 | nahonews | Comments(0)
夏の終わりのハワイ 8 ~運河~
c0138704_23135440.jpgワイキキビーチの反対側には(北になる)運河がある。
人通りの少ない運河のこの道は、落ち着いていてゆったりと散歩が出来た。
運河の向こうはゴルフ場。

c0138704_2364055.jpg
by nahonews | 2009-09-27 23:13 | nahonews | Comments(0)
夏の終わりのハワイ 7 ~しましまの風景~
c0138704_748344.jpgホテルのテラスの椅子と外の眺めがしましまになっている!
プラスチックの椅子のデザインもしゃれている、とスケッチ。 
 

c0138704_7484031.jpg
by nahonews | 2009-09-27 07:47 | nahonews | Comments(0)
夏の終わりのハワイ 6 ~ビショップ・ミュージアム~
c0138704_1782220.jpgまずは、ここを訪れたかった。
カメハメハ一族、最後の直系子孫にあたるパウアヒ王女の夫チャールズ・ビショップ氏が、彼女が亡くなった後、追悼記念として建てたミュージアム。
建物は溶岩でできているそうだ。
わずか100年しか続かなかったハワイ王朝。その、歴史と文化が一望できる。
日本とのかかわりのなかで、教科書にはとうてい載っていないだろうドラマチックなお話を聴いて、思わず胸が熱くなった。日本人のボランティアの女性が、わかりやすく(そしてほんとうにこの人のハワイを愛する気持ちが伝わって…!)説明をしてくださり、旅行がより深いものとなった。
下の写真は、説明をしてくださった日本人女性。そして博物館なんて修学旅行じゃあるまいし!と言っていた息子が、歴史の説明を聞いた後、かっこいいといってカメハメハ3世の写真を撮っているところ。

c0138704_1795181.jpgc0138704_17455756.jpg
by nahonews | 2009-09-24 17:08 | nahonews | Comments(0)
夏の終わりのハワイ 5 ~眼をカメラにする~
c0138704_124094.jpg写真も撮る間が無い、スケッチもできないなんてことはしょっちゅうある。
そんなとき、しっかり、眼をカメラにして、観ておく。
歩きながら、またトロリーバスのなかでそれをやる。
あとで記憶をたどってスケッチをする。
スケッチはデニーズでの夕食。
クリスピーチキンのサラダ。野菜たっぷりなので注文したけど、すごい量で食べ切れなかった。
黄土色の?柔らかなスコーンがとても美味しかった。黄土色なのは全粒粉か、コーンミールが入っているのかな…と思いながら。
そして、ホノルルの街の建物の色とデザインがやたらと美しかったので、これも記憶のままにスケッチを。
c0138704_1244314.jpg
by nahonews | 2009-09-23 12:03 | nahonews | Comments(0)
川廷昌弘さんの写真
c0138704_624099.jpg川廷昌弘さんの写真を最初に見たのは「一年後の桜」というモノクロの写真集でした。
ああ、この人の写真好きだなあ…。と思ったのを覚えています。
震災の一年後に咲く芦屋の桜を撮ったもので、辛いとか痛々しいとか悲しいとかというものではなく、
不思議なほど、この人なりがにじみ出ているようでした。

9月の上旬に立て続けに行われた川廷さんの個展に行き、これはそのとき購入したもの。
…秋には撤去され、また次の夏には新しい白い杭が建てられる。この繰り返しが大好きな夏をさらに儚いものにしてくれている。…
今住んでおられる湘南の海のシリーズ、「白杭の季節」。
秋になって、ひとりの時間、ゆっくりと捲り、名残惜しい夏を堪能しています。

芦屋市立図書館ホールで、川廷昌弘さんのこの白杭の季節のシリーズの写真が9月27日(日)まで展示されています。7月からこの夏の間、ずっと展示されていましたが案内が遅くなってしまいました。
ぜひ、足を運んでみてください。c0138704_6243340.jpg
by nahonews | 2009-09-20 06:23 | お知らせ | Comments(0)