<   2010年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
色を愉しむ
c0138704_914428.jpg「赤」の好きなひとに贈ったカード。
季節の空気も取り入れて…
色の遊びにはきりがありません。
by nahonews | 2010-02-26 09:13 | 暮らし | Comments(0)
桜色
c0138704_20434842.jpg近くのお花屋さんで頂いた「東海桜」。
いち早く、リビングに春が来たようです。
ご友人の娘さんの結婚式にと作られたウエディングクッキー。
ラッピングも桜色のこのクッキーは、
kazuケーキ教室の小田和枝さん作です。
by nahonews | 2010-02-23 20:43 | 暮らし | Comments(0)
紙袋をいじる
c0138704_18471186.jpg白い小さな紙袋をはさみでちょきちょきして、かわいいアニマル袋のできあがり。
ゴミ(紙の切れ端)を出さないように、などなど考える。
な~んだ、そんなアイデアふる~い!と言われそうだけど、
この、紙をごそごそいじっているのが愉しいんです。
いちおう、バレンタインの家族へのプレゼントのつもり。
by nahonews | 2010-02-20 18:47 | 暮らし | Comments(2)
そうしてまた考える
c0138704_1735456.jpg「悲鳴をあげる身体」で、著者は、
~わたしたちは日々、獣を殺し、魚を釣り、菜を毟って(むしって)食べている。
そしてそれをほんとうにおいしくいただく。
ひとつのいのちが別のいのちの火に変わる。
が、宇宙的とも言っていいこの単純な事実を、わたしたちはふだんひとの眼に触れないようにばかりしている。
肉や魚を切り身にし、透明ラップをかけて売ったりして。それどころか…
…新生児も遺体もきれいにされ、衣にくるまれてから対面するようになった。
この覆いは残酷さを隠すためのものだろうが、ほんとうは、いのちのやりとりというもっと大事なものを
隠してしまっているとは言えないか。~

これを読んで、思い出しました。
息子が生まれつきのアトピーで必死になっていたころ、主治医に「腐るものを食べさせなさい。」と言われたことを。
腐るもの、とは生きているものです。
生きているものを食べて私たちは生かされている、そのことを忘れて病気になっているのではないか。
生きていくうえでたいせつなこととは、まったく単純なことなのではないかと。
生きているものを食べるには調理、工夫がいる。
はやく新鮮なうちに食べさせようとか、いかにおいしく食べさせようかとか、考える。
この工程こそが、いのちを繋ぐものといえないか。
by nahonews | 2010-02-17 17:19 | その他 | Comments(0)
読書の連鎖
c0138704_15362056.jpg松井るり子さん著「絵本でほどいてゆく不思議」のなかに、
「イオマンテ  めぐるいのちの贈り物」という絵本が紹介されています。
図書館で借りて読んでみました。

~…こどもたちよ、よくおぼえておくんだ。
ひとつぶのあわもひえも、一切れの肉も魚も、みんないのち。
わたしたちは、いのちをたべている。
いのちと魂との、おおきなめぐりのなかにいる。
すべてはめぐるいのちのめぐみ…。

アイヌの生活ではイオマンテ(熊送り)、熊を神に送ります(つまり生き物を殺して食べる)。
食べると言うこと自体が生きることに直結しているなあ。

松井るり子さんは著書のなかで、「…生肉を切ったり、葉っぱの青虫と糞を取りのけたり、油汚れやゴミを始末したりすることこそ、生き物を殺して食べて生きる自分をごまかし切らない大事な瀬戸際です。…」といっておられます。

それからなにげにソファに置いてあった息子(高2)の教科書(現代文)を捲っていたら、興味深い文章を見つけました。

~…家庭と学校という場所は、いのちのやりとりというこの大事なものを深く体験するためにあるはずだった。
…幼稚園ではいっしょに歌い、いっしょにお遊戯するだけでなく、いっしょにおやつやお弁当も食べる。他人の身体に起こっていることを生き生きと感じる練習だ。そういう作業がなぜ学校では軽視されるのか、…歌やお遊戯、給食。みなでいっしょに身体を使い、動かすことで、他人の身体に起こっていること(つまり、直接に知覚できないこと)を生き生きと感じる練習を、わたしたちはくりかえしてきた。身体に想像力を備わせることで、他人を思いやる気持ちを、つまりは共存の条件となるものを、育んできたのである。…~

わ~っ、「イオマンテ」とおんなじことを言ってる!
「悲鳴をあげる身体」(鷲田清一)という本の抜粋でした。
哲学書に分類されるこの本は私には難しいところもあるけれど、もっともっと
生きるうえで大切なところがいくつかありました。

読書家でないわたしですが、
一冊の本から、次々に本が繋がっていく面白さに、今はまっています。
by nahonews | 2010-02-11 15:36 | 私の本だな | Comments(0)
夜明け
c0138704_7435994.jpg風邪が治ってまもなくの日の朝。
たしか2月の第一週。
午前6時43分。
半月が輝いていました。
by nahonews | 2010-02-11 14:55 | 自然 | Comments(0)
春はそこまで
c0138704_10155886.jpg2月に入って風邪をこじらせてしまいました。
元気なときはなにも感じないのに、なにか支障をきたすととたんに気持ちが身体のことばかりに集中します。
身体が「わかってくれよ、はやく!」と言っているようで…。

写真は1月29日の中央公園の梅の様子。
今はもっと成長しているはず。
少しずつ訪れる春を見逃さないためにも早く元気にならなきゃ。
by nahonews | 2010-02-05 10:16 | 暮らし | Comments(0)
楽しいひととき
c0138704_1001836.jpg1月末に、芦屋市立浜風小学校の保護者の方々とポップアップカード作りをしました。
15人の方が参加してくださり、ほんとに楽しく、真剣に取り組んでいただいて、
こちらが元気をいただきました。
家に帰ってから、子どもが興味を示して…!と嬉しい反応も。
曇り空の寒い日でしたが、あったか~いものを頂いた日となりました。
by nahonews | 2010-02-05 10:00 | ワークショップ | Comments(0)