<   2012年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
芦屋市立図書館のアートスペース展示
c0138704_18121435.jpg年4回、季節ことに芦屋市立図書館のエントランスホールのアートスペースの
展示のお手伝いをしています。
今、お正月から3か月間、3月25日まで
カリグラファーの清水裕子さんの作品が飾られています。
毎年この季節は書の作品が多いのですが、
今年はカリグラフィー(西洋文字)の作品でちょっと違った空間になっています。
図書館にお立ち寄りの際はぜひご覧なってください。
c0138704_18124459.jpg
c0138704_1813897.jpg
by nahonews | 2012-01-30 00:29 | お知らせ | Comments(0)
静岡でもイベントに参加します。
2月11日(土・祝)にはこんどは静岡でワークショップをさせていただきます。
昨年11月にもさせいただいた、リストランテ・ロメオで行います。
お近くのかたはぜひ!お越しくださいね。

c0138704_12563737.jpg

by nahonews | 2012-01-27 12:56 | お知らせ | Comments(0)
[たのしい切り紙」展
c0138704_21395276.jpg先週の土曜日、京都のギャラリー・モーネンスコンピスで行われている
たのしい切り紙展を観に行ってきました。

モーネを主宰している井上由希子さんの83才になる義母さんと82才になるお父さんの切り紙の作品がギャラリーいっぱいに飾られています。
ギャラリーに足を踏み入れた途端、「わ~、すごーい!」と叫んでしまいました。
これまでこつこつと続けてこられたお父さんの「富士山」や「魚」の切り紙3000枚以上!
そしてお義母さんのソックスの形に切ったおしゃれな切り紙の数々。
ずっと元気でいて欲しい…その想いだけでお義母さんとお父さんに切り紙を勧め、ずっと見守ってきた由希子さん。
なぜ切り紙?なぜあんな頑固なお父さんが…?なぜ続けてこられたのでしょう?
その答えは、展覧会開催と同時に出版された
「老いのくらしを変えるたのしい切り紙」筑摩書房 
をぜひご覧になってください。

展覧会は
1月1日(日)〜1月29日(日) 12:00-17:00
*会期中、1月3日を除く火曜日と水曜日はお休みです。

ギャラリー・モーネンスコンピス〒602-8142
京都市上京区堀川通丸太町下ル下堀川町154-1
(株)エーワンテック本社ビル3階
open時間 12:00 ~18:00まで 冬期は17:00まで(不定休)
TEL/FAX 075-821-3477
c0138704_21401086.jpg
c0138704_21402866.jpg
c0138704_10155714.jpg

by nahonews | 2012-01-22 21:33 | Comments(2)
東京でのイベントに参加します。
2月5日(日)に東京での伊藤ライムさん主催のイベントに参加します。
お近くの方はぜひご参加くださいね!


c0138704_22383695.jpg

by nahonews | 2012-01-17 22:31 | お知らせ | Comments(0)
つなみ (THE BIG WAVE)
c0138704_7492230.jpg「『つなみ』という本いいよ、読んでみて」
昨年末、友人からのメール。
図書館で借りたら
THE BIG WAVE(大津波)とありました。
1988年初版の本。
最近改名されているのかもしれません。

…日本という国は美しい。
海はすぐそばにあり、火山もすぐ後ろにある。
しかし人間(日本人)は危険と一緒に生きていることを知らねばならない。
また、危険とともに生きているからこそ命を大切にする…

私自身、なぜこんな危険な狭い日本に住んでいるんだろう…なんて常々おもったことはあります。四方八方海に囲まれていることはいい面もあるが、危険なことのほうが多い気がする。

阪神大震災から17年。
そして昨年の東日本大震災。
地震や津波を一つの自然現象ととらえるだけでなく、
この日本に生きるということはどういうことなのか、
死ぬとはどういうことなのかを、おとなも子どももいっしょになって
もう一度考えていくことが大切なのではないかと思います。
ひょっとしたら、それを考えるために、ときに自然は人間に刃を向けるのではないかと…。

この本をたくさんの子どもたちに読んで欲しい!
そう思います。

著者はあの「大地」のパール・S・バック。
外国人だから書ける、という面もあるのかもしれない。
by nahonews | 2012-01-16 19:11 | 私の本だな | Comments(0)
一月の公園
c0138704_913479.jpg昨日は久しぶりに近くの中央公園を散歩しました。
あれから、フウの木はどうなってるかな…。
少し雲の多い晴れの日、白い雲と青い空とのコントラストが冴えて…。

もう少し歩くと、白梅の木が小さな芽を出していました。

それからもう少し歩くと、紅い実の美しい木。
調べるとおそらくクロガネモチかな…。
年明けまで実をつけていることが多く、冬の小鳥の食餌木となるらしい。

冬の暮らしから訪れる春へと着々と準備が始まっています。

c0138704_93536.jpg

c0138704_94789.jpg

c0138704_93411.jpg
by nahonews | 2012-01-14 09:02 | 自然 | Comments(0)
記念日のお祝いに
c0138704_15561732.jpg両親は昨年10月に60周年のダイアモンド婚式を迎えました。
そのお祝いに姉夫婦と私たち夫婦で絵とブーケをプレゼントしました。
絵は、父と母が長年飼っていた、というより子どものようにいっしょに暮してきた犬や猫たちを
まわりに入れて…。
姉も私も高校を卒業するとすぐに家を出てしまったので犬や猫たちは家族のようなものでした。
年明けてのプレゼントになってしまったけれど、両親の顔を見ながら手渡しできて
良かったと…。
絵の写真がうまく撮れてなくて、こちらをご覧ください。
ブーケはいつも何かとお世話になっているクローブ・コノリーで…。
by nahonews | 2012-01-10 15:56 | 暮らし | Comments(2)
故郷 4
c0138704_964131.jpg姉夫婦の家に2泊。
朝早く起きて薪ストーブの火入れをしてくれ、
暖かい朝を迎えることが出来ました。
薪を欠かさないでいると一日あったかい。
エアコンの暖かさとなんか違う。
芯からあったまる。
ゆるい温かさ(暖かさというより)。

夕暮れ、外から撮る。
久しぶりに一眼レフを使う。
扱いが下手でうまく撮れていませんでした。
c0138704_975829.jpg
by nahonews | 2012-01-10 09:06 | 暮らし | Comments(0)
故郷 3
c0138704_1123546.jpg
芦屋に帰る日の朝
姉の家のリビングから 南東の眺め
冬の草木の色は柔らかい
だが厳しい寒さに耐える強さがある
少し離れた近所の家の茶色の瓦屋根が光る
この田舎(東広島)特有の瓦の色だ
自然に溶け込むような茶色の家々を見ると
故郷に帰ったと実感する
by nahonews | 2012-01-07 11:01 | 暮らし | Comments(2)
故郷 2
c0138704_831271.jpg
家の裏の丘に登り描く
熟した柿の色が美しいと描き始める
しかしあまりの寒さにもう降参!

私たちが帰ったあくる日
雪景色となったそうだ
by nahonews | 2012-01-06 08:06 | 暮らし | Comments(0)