国立新美術館へ
c0138704_20271258.jpg









c0138704_20273578.jpg








c0138704_20275157.jpg
東京の国立新美術館に行ってきました。
最初にピエール・ボナールを。
じっくりと余韻に浸って、休憩して、
つぎに東山魁夷を。

「西暦2000年の若い画家たちの前に、蝶の羽で舞い降りたい!」
と手帳に書き留めたボナール。

そして、東山魁夷の「描くことは祈り」。

言葉も心に染み入る展覧会でした。






by nahonews | 2018-12-04 20:36 | 美術館・ギャラリー | Comments(0)
<< 段ボール展に出展しています じゃがいも版カレンダー 12月... >>