カテゴリ:美術館・ギャラリー( 61 )
第3回 FUKA展に出品しています。

c0138704_22280309.jpg
c0138704_22100778.jpg
c0138704_22101825.jpg
大阪府富田林市のGallery Blau Katze(ギャラリーブラウカッツエ)
にて、第3回FUKA展が行われています。私も参加さていただきました。

さまざまな作家さんの、サムホールサイズの作品が100点余り展示されています。
公募展示なので、来場者による投票があります。ぜひぜひ、お越しください。

第3回FUKA展
2019.11.1(金)~10(日)
12:00~18:00 最終日15:00まで

Gallery Blau Katze
大阪府富田林市加太1-3-24
TEL 072-370-6241



by nahonews | 2019-11-02 22:20 | 美術館・ギャラリー | Comments(0)
京都のお店に…
c0138704_22182474.jpg
c0138704_22183786.jpg
c0138704_22185080.jpg
c0138704_22190341.jpg
c0138704_22191650.jpg
c0138704_22192852.jpg
京都市役所近くにある「くらしの器と切子ガラスの店 結」に
常設で作品を飾っていただいています。
今開催中の沖縄の陶作家さんの器が美しく、お店を覗いてみました。
紺野乃芙子さんという作家さんで、展示は4/6(土)までです。
お近くの方、また、京都にお越しの際はぜひ。




by nahonews | 2019-04-04 22:30 | 美術館・ギャラリー | Comments(0)
国立新美術館へ
c0138704_20271258.jpg









c0138704_20273578.jpg








c0138704_20275157.jpg
東京の国立新美術館に行ってきました。
最初にピエール・ボナールを。
じっくりと余韻に浸って、休憩して、
つぎに東山魁夷を。

「西暦2000年の若い画家たちの前に、蝶の羽で舞い降りたい!」
と手帳に書き留めたボナール。

そして、東山魁夷の「描くことは祈り」。

言葉も心に染み入る展覧会でした。






by nahonews | 2018-12-04 20:36 | 美術館・ギャラリー | Comments(0)
岐阜へ 名古屋へ
c0138704_17355255.jpg先週の土日、岐阜と名古屋へ行きました。
友人宅は岐阜県山県市の自然の中にあります。
雑草を抜かない自然農の畑に囲まれた友人の家に泊まり、
菜食の彼女が作ってくれた夕食には、スケッチした花オクラのサラダが…。

あくる日は名古屋の友人も誘って3人で、創立50周年の企画展示をしている大学へ、
そして大学の恩師磯田晧先生と12人の作家たち展を観に。
約20年振りに訪れた大学、何も変わっていないところもたくさんあって懐かしい。
ここでお昼を、と思って、昔「おばあちゃんの店」とみんなが慕ってたお店は
なんと菜食のお店になっていました。
雑穀と野菜と豆製品だけの、でも体に優しいものばかり。今の学生はいいなあ。

磯田晧先生と12人の作家たち展は池下にある為三郎記念館で行われていて、建築物としても有名なところです。磯田先生のこれまでの作品群、仕事で描かれたスケッチなど、じっくりと観ることができました。
岐阜の友人も染めもので参加していて、ほかにも、デザイン科を卒業したにもかかわらず、モノづくり、絵画その他に携わる方々の作品、どれもこれもが見ごたえがありました。

夏に戻ったような暑さでしたが、磯田先生デザインの和菓子とお抹茶でのんびり、
ゆったりとした時間をすごすことができました。

c0138704_17362597.jpg
c0138704_17364139.jpgc0138704_17365665.jpgc0138704_17373739.jpgc0138704_17375934.jpgc0138704_17381827.jpgc0138704_17383310.jpgc0138704_17384735.jpg
by nahonews | 2016-09-06 16:03 | 美術館・ギャラリー | Comments(0)
神戸新聞カルチャーの教室作品展が終了しました。
c0138704_18411417.jpg5/24~5/29まで、兵庫県立美術館での神戸新聞カルチャーの教室作品展は無事終了しました。
水彩画もたくさんの教室があってとても刺激を受けました。
教えることは学ぶこと…、でもあまり力まず、描くことの楽しさを伝えられたら…と思います。
写真は、教室の皆さんの作品です。
私も2点の水彩画とカードを展示しました。
by nahonews | 2016-05-30 18:41 | 美術館・ギャラリー | Comments(0)
暮らしの雑貨クロッセに
c0138704_19123229.jpg年始に東広島の実家に帰り、姉がこの秋開店した暮らしの雑貨クロッセに。
そこではミニギャラリーを併設していて作品を少し置いてもらっています。
ギャラリーにはお店の中からも通じていますが、
ここはギャラリー入口。
お店の中はこちらで。


姉夫婦のリビングの階段そばにある窓から見える丘の眺めが好きです。
そして薪ストーブの前でぐっすり眠るうぐちゃん。
c0138704_19131139.jpg
c0138704_19132827.jpgc0138704_19134482.jpgc0138704_1914738.jpgc0138704_19144024.jpg
by nahonews | 2015-01-06 00:10 | 美術館・ギャラリー | Comments(0)
芦屋市立図書館アートスペースはクリスマスの装いに…
c0138704_17483633.jpg11月11日(月)には、芦屋市立図書館エントランスホール・アートスペースに展示中の
イラストレーター吉川えいとさんの作品を冬バージョンに入れ替えました。

クリスマスのテーマの作品ではないですが、なぜかこのシーズンにぴったり!!

エントランスホールは展示するものでさまざまな空間を作り出します。
図書館を利用する人たちも一息、ここでゆっくり鑑賞されたりしています。

吉川えいとさんの展示は11/11(月)~12/23(月)までです。

図書館においでの際はぜひゆっくりごらんになってください。c0138704_17485775.jpgc0138704_17491542.jpg
by nahonews | 2013-11-20 17:48 | 美術館・ギャラリー | Comments(0)
ソーイングギャラリー
c0138704_15445467.jpg昨日9月27日、
思い出の扉が開いて、そこに迷い込んだような一日でした。

大阪・枚方のソーイングギャラリーで美術作家の永井宏さんの個展がある…。

枚方の星丘駅と聞いて…何か惹きつけられように…昨日はぽっかり予定が空いていて、行ってきました。
星丘…約30年近く前、私が結婚して4年間を過ごした本当に懐かしい場所です。
京阪電車を枚方から交野線に乗り換え二つ目の星丘駅。
ここを離れて始めて来るのではないかな…。
降りる方向も住んでいた団地と同じで、懐かしい道。
駅から歩いて5分くらいで星丘洋裁学校というのを見つけました。
その学校の教室をギャラリーにしてあるのです。
永井宏さんは2011年に亡くなられていますが、
毎年9月にこのギャラリーで個展をされていたそうです。

窓から入る秋のやわらかな陽射しのなかで、永井さんというかた(お会いしたことはないのですが)の
手の跡を感じるひとときでした。
あらゆる方に愛されている人なんだなあと…。

ギャラリーを出てさらに奥は広っぱでその先に
ソーイングテーブルコーヒーという小さなカフェがあり、
おすすめのロールケーキとコーヒーをいただきました。
陽射しのなかで、6歳の男の子を遊ばせている若いお母さんとお話しました。
永井さんにウクレレを習っていたそう…。

流れる時間のいたずらのような、人との出会い、その土地の出会い…。

もっと自由に描いて、表現していいんだよ…
そんなふうに感じた…

カフェの裏にはコスモス畑…懐かしく新しく、なぜかいとおしい一日でした。c0138704_1545436.jpgc0138704_15462073.jpgc0138704_15464364.jpgc0138704_1547937.jpgc0138704_1547387.jpgc0138704_15475553.jpgc0138704_15484474.jpg
by nahonews | 2013-09-28 15:42 | 美術館・ギャラリー | Comments(0)
芦屋市立図書館ホール・夏の展示
c0138704_23293872.jpg7月1日から芦屋市立図書館のエントランスホールのアートスペースでは
芦屋市在住の日展作家・五十嵐佳容(いがらしかよ)さんの作品を展示しています。
ジャンルとしては日本画になりますが、日本画の概念を覆すような、純粋に楽しめる、
そんな作品です。
2つの作品は連作シリーズでタイトルは「保護色Ⅱ」と「Le mythe(扉)」。
Le mytheはフランス語で神話という意味です。

動物好きなら近寄って観ると、手で触ってみたくなりそう!
(でも手を触れないでくださいね)

五十嵐さんの作品は7/1~9/30まで。
図書館にお越しの際は、ぜひゆっくりご覧くださいね。
by nahonews | 2013-07-09 22:42 | 美術館・ギャラリー | Comments(0)
すっかり夏、図書館エントランスホール
c0138704_2218213.jpg芦屋市立図書館のエントランスホールでは今、イラストレーター山口哲司さんの作品を飾っています。

5/13(月)に、春の作品から夏の作品に入れ替えをしました。
これまで飾っていた作品の中から、こいのぼりの作品だけを残し、
紫陽花や、田植えの風景など、すっかり夏のイメージに…。

山口さんの展示は6/30(日)までです。

図書館においでの際はぜひゆっくりご覧になってくださいね。
c0138704_22184013.jpg
by nahonews | 2013-05-14 21:57 | 美術館・ギャラリー | Comments(0)